・・由☆ゆぅの韓ドラeat. 風のワルツ♪ 

yyuh6.exblog.jp

音楽・韓ドラなど趣味のページです♪       管理人:由(ゆぅ)

6月2回目のレッスン。

この日は前回「愛の夢」を仕上げて と先生に言われていたのでドキドキでした。
なぜならば、この2週間むちゃくちゃ弾き込んだ訳でもなかったからです。

自分の中では、前回
「そろそろ仕上げにしてほしいなぁ...」と淡い期待を抱いたのですが、
それは、3ページ目(1番の盛り上がりの部分)、「縦に合わせているだけで流れていないよ」と言われ、あえなく撃沈したのでした。。

その他、フラットからシャープに変わる場面では、前々回「もっと甘く(dolceで)、由さんなら『大人の愛を表現できる』と思うよ」と言われていたので
その部分も、先生の言われるような大人の愛を表現できるようになったのかしらと???でした。

考えれば考えるほど「愛の表現」って難しいですね。
だって私は社会的には大の大人でも中身は18の少女のまんまなんですもの(笑)

この2週間、まっさきに「愛の夢」をやつけてしまおう!という思いもあったのですが、
やらなければいけないことがあると、逃げてしまう というか
この曲は、体調や心理的状況(大げさデス!)もベストの時に弾きたいので
ついついクラーマー(新曲)とバッハの弾き込みに時間を取られてしまっていました。

それでも、譜読みの時以来なんですが、あらためて何枚かのCDを聞きました。

びっくりしました。また曲の印象がかわっていたのです。
ただぼんやり聞いていた時、譜読みのために音の羅列のみを追っていた時、ある程度弾き込んだ後とでは、聴こえてくるところが違うのです。

考えてみると、それはあたり前のことですね、そう思います。
でも、ここであらためて聴くことにより、表現の仕方が少しわかったような気がしました。そして「愛の夢」にも様々な演奏があるということも。

前置きが長くなりましたが
ついに「愛の夢」のレッスンは最後を迎えました。
でも次回もう1度先生の前で弾くことになっていますので、弾き込みは続きます。

そして次の曲は、ラフマニノフの「エレジー」です。
エレジー、日本題は「悲歌」とも「哀歌」とも訳されています。
12月の発表会の練習が佳境に入る前にちゃんと弾けるようになるといいのですが、、、ガンバリマス!

その他、クラーマー11番=テンポを上げてくること。
バッハ フランス組曲 4番=メヌエット上がり、エアー=次回もう1度、
終曲のジーグも見てくるように。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

発表会の講師演奏曲は
ホルストの「木星」に決まりそうです。
2台ピアノとオケ(シンセサイザー)でやります。
[PR]
by yyuh6 | 2006-06-27 11:29 | ピアノ・音楽雑記