・・ 風のワルツ♪ ・・

yyuh6.exblog.jp

音楽・韓ドラなど趣味のページです♪       管理人:由(ゆぅ)

音楽レポート(2012.9~12)

久しぶりの音楽レポートです。8月以来ですから4ケ月振りの更新ですね^^;
12月は発表会があり今年の秋はいつにもまして多忙で、コンサート等はほとんど行けず、9月にピアノ仲間の石岡先生(ご自身)の発表会に伺っただけでした。

多忙の中にあっても、生のピアノ、音楽に触れる機会を増やしていくことを2013年の目標としようと決心しました。


・9月9日 キタラ小ホール
野谷恵と門下生によるコンサート2012「ピアノの華」
b0083048_131612100.jpg

室蘭市でピアノの先生をしていらっしゃる石岡先生が毎年参加しています。
いつも、ご招待してくださること、沢山の刺激を与えて頂くことにいつも感謝しています。


・12月1日 発表会総練習
b0083048_13182869.jpg

この日は教室で午前、午後、夕方と3回に分けて総練習をしました。10脚までは教室に椅子が入るのですが、今年は10脚では足りず、急きょ座布団も用意し、無事事なきを得ました。全員が弾き終えた後に、皆に一言感想を言ってもらいましたが、午後の部の生徒たちの感想がなかなか面白かったです。みんなそれぞれ違った見方をしていることがよくわかりました。生徒たちのこの豊かな感性、何より大事にしたいと思いを新たにしました。

最後にみんなでおやつを食べて、お菓子入りのサンタのブーツをプレゼントしました。このブーツは今年55個も作り、ピアノ仲間の先生やお世話になったY社のW君、同級生のお孫さんたちにも差し上げました。ブーツにお菓子を詰める作業、長男が手伝ってくれました。意外と楽しかったですよ^^



・12月2日 カワイ アリオコンサート
b0083048_13192140.jpg

今年発表会に初めて参加するNちゃんを参加させてもらいました。Nちゃん、前日の総練習では緊張して思ったように弾けなかったのですが、このコンサートでは完璧でした^^v これなら発表会本番も大丈夫そうとほっとしました。



・12月16日 第16回発表会

b0083048_13214767.jpg

今年の表紙は生誕150年の印象派のドビュシィーです。
初参加の小さい生徒さんが10名と多かったのでどうなるかなーと思っていましたが、みんなしっかり弾いてくれて、10分遅れで始まったのにもかかわらず最後は時間ぴったりに終わり、無事次の部に引き継ぐことができました。連弾をしてくれたお母様方3名は、本当によく練習してくださり感謝です。お子様たちとのよい思い出となってくれたことでしょう。ありがとうございました。

オープニング、講師演奏、生徒たちとの連弾、私も15ステージで演奏しました。反省はDVDが出来てからあらためてしようと思います。


・12月26日 グレッツェンピアノコンクール札幌本選(キタラ大ホール)
b0083048_13201276.jpg

前にも書きましたがキタラの大ホールで演奏することは私にとっては夢のような話です。その夢を生徒たちは見事に現実に変えてくれました。本当に凄いと思うし、羨ましいことですね。 
Kちゃんが北海道地区大会に進みました。おめでとう!!
[PR]
# by yyuh6 | 2013-02-18 13:22 | ピアノ・音楽雑記
・7月29日 PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)2012
ピクニックコンサート<レナード・バーンスタイン・メモリアル・コンサート>
b0083048_23374515.jpg

今や札幌の夏の風物詩として定着したPMF 芸術の森の野外コンサートホールまで行ってきました。今日は12時から<青少年のための音楽会>と<アンサンブル・コンサート>があり、15時からは<POPS! レッツ・スウィング>でウエストサイドストーリーなどの映画音楽メドレー 楽しそうなプログラムがありましたが、私は17時からの<オーケストラ演奏会>に駆けつけるのが精一杯。でもコンサート開始から5時間も経っているのにまだこんなたくさんの観客がオーケストラの演奏を待っていました。
b0083048_22473498.jpg

b0083048_2239088.jpg

プログラムは、ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102とR.シュトラウス:アルプス交響曲 作品64 TrV233
b0083048_2259660.jpg

ヴァイオリンとチェロの二重協奏曲というものが存在することも知りませんでしたし、出だしがウルトラマンセブンの曲にそっくりなアルプス交響曲ですが、もちろん全曲聴いたのは初めてです。
良かったですよーーー!! オケはPMFアメリカと今回のPMFオーケストラの混合、心地いい音と大迫力の中に光る技、指揮のファビオ・ルイジさん最高!!でした。
b0083048_23235893.jpg
ヴァイオリン:ディビット・チャンさん  チェロ:ラファエル・フィゲロアさん
b0083048_23253143.jpg

いい音楽に包まれるってとっても幸せですね~~016.gif



・7月25日 グレッツェンピアノコンクール(2012年)予選のための公開レッスンを聴講してきました。今年も3名の生徒さんが参加します。
b0083048_23353539.jpg

広瀬先生のレッスンは、面白くてためになり、すごく良かったです。こんな先生ばかりなら皆ピアノが上手くなるでしょうね。 私も広瀬先生の指導に近づけるようがんばらなくちゃ060.gif


・7月7日 アリオピアノコンサート
小さい生徒さん4名が参加しました。
b0083048_23462153.jpg

4人ともがんばりましたよ060.gif
[PR]
# by yyuh6 | 2012-07-29 23:50 | ピアノ・音楽雑記

音楽レポート(2012.5.6月)

b0083048_21351917.jpg

5月20日 ピアノ仲間のカオリ先生に誘われて、ピアノアンサンブル・杏の会のコンサートに行ってきました。

ピアノアンサンブル・杏の会は
2002年結成した梶野三重子門下生4人(女性3人、男性1人)による2台ピアノの演奏グループで、2年に一度コンサートを開いているそうです。

結成10年、5回目になるコンサート、今回のプログラムは

♪桐越優 音の絵本「杏の咲く庭」より
   第1曲 プロローグ
   第2曲 リトルピアニスト
   第4曲 夢へと続く道

♪ミヨー 「スカラムーシュ」OP.165b
1.ヴィフ
   2.モデレ
   3.ブラジルの女

♪モーツァルト 
 「2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448」
  第1楽章 ニ長調
  第2楽章 ト長調
  第3楽章 ニ長調

♪アレンスキー 組曲第2番「シルエット」OP23
  1. 学  者
  2. コケットな女
  3. 道化役者
  4. 夢見る人
  5. 踊 り 子

♪ショスタコーヴィチ
 2台のピアノのための組曲 OP.6
  1.前奏曲
  2.幻想舞曲
  3.夜想曲
  4.終 曲


プログラムを見れば実力のほども伺いしれますが、期待に違わずとても素敵な演奏でした。2台ピアノの音色がぴったりと合っていました。素晴らしかったです。

普段はピアノ講師であったり高校の音楽の先生をされていて、仕事も住んでいる所もバラバラとのことで、合せの練習の大変さを思いますが、力のある人は、一人でもかなりのところまで練習できるのでしょうね。私はまだまだ甘ちゃんです008.gif


6月17日 白石高等学校吹奏楽部 定期演奏会
b0083048_22194457.jpg
b0083048_22195569.jpg
 
白石高等学校吹奏楽部にはピアノの生徒や知り合いのお子さん誰かかれかがいるので、定期演奏会は毎年ように行っています。でも家の末子も大学2年となり、現在一人いる中学生の吹奏楽部員の生徒も来年ここの高校に入る予定はないようなので、いよいよ縁がなくなりそうで、ちょっと淋しいなぁ。

今年のゲストは、ユーフォニアムの外囿(ほかぞの)祥一郎さんでした。ユーフォニアムのソリストは初めてだったのですが、高い音楽性と技術に圧倒されてしまいました。とても素敵でした。
もちろん、生徒たちの演奏も良かったし余興も楽しかったです。 縁がなくなっててもこれからもできるだけ聴きに行こうと思います。


6月30日 やぎのり&サンペイ ライブ in TOMO
b0083048_22451997.jpg

札幌でのライブはなんと1年振りです。この1年は地方巡りをしていたとのこと。 今回は前座が2ステージ(本間圭一君と深見順也君)もあり、やぎ・のり・サンペイが格の違いを見せてくれました。かなり盛り上がったね!! 
b0083048_23125891.jpg

前座の二人は息子のように感じて、帰りに思わずCDを買ってしまいました。
ライブの出来は順也君が良かったけれども、CDを聴くと、思った通りというか感じた通り、圭一君が良かったです。圭一君は東京、順也君は札幌を拠点にしてすでにデビューしているそうです。 二人とも声が良くて歌も上手いし、まずまずのイケメンなので、曲(私は歌詞が重要だと思うけど)しだいでは、、、と思ったりもするけれど、まぁ、とにもかくにも いい歌詞を書くためにも、何をして何をどう感じるかみたいなことが大事なんだろうと思います。

やぎのりサンペイバンド、次回のライブは7月15日ベーカーズハーレム だそうです。
b0083048_2319325.jpg

[PR]
# by yyuh6 | 2012-07-04 23:14 | ピアノ・音楽雑記
2月18日 グレッツェンピアノコンクール
 地区(北海道)大会課題曲公開レッスン

江別市民ホールで大楽先生の公開レッスンを聴講しました。
とても細かくどんな質問にも丁寧に答えてくださり、頭が下がります。

メモを書き出しておきます。

・幼児Aの課題曲、このように譜面が易しい曲は基本の指を保つことが大事。

・音をきれいに繋げ、揃えて弾くには、ピアノを弾いた後の指の動かし方が問題。Pはゆっくりと、Fは速く

・フレーズにより小節線を意識する場合としない場合がある。

・大きい会場で弾くという意識が大事

・左手の表現もとても大事 
 左手に対して 右手をつけていく それが立体的な音楽につながる

・2拍子の曲でも部分によっては4拍子で取ったほうがいい場合がある。

・ひじをしめながら和音を出す
ドミソの和音のバランス=ドが鳴るように

・スタッカートの長さやテンポなどで曲を表現する
テンポの設定をよく考える

・ドレスを着た場合の立ち振る舞いも演奏の一部とみなす先生もおられる


グレッツェンピアノコンクールは、7月、8月の地方予選公開レッスンから始まり、全国大会が行われるのは翌年の6月です。全国大会を含め4つの予選、本選が行われ、そのつど公開レッスンが実施されます。
毎年行われるコンクールなので、一度参加すると、(予選で落ちる人が少ないので)1年中コンクールの課題曲を抱えていることになります。それに慣れてしまわないようにコントロールするのが難しく感じます。




3月18日 毎日音楽コンクール受賞記念コンサート
b0083048_21312659.jpg


ピアノ仲間の娘さんが参加するとのこでご招待頂きました016.gif
ピアノの高校生部門の6名(男女3名ずつ)の演奏を聴きましたが、若さ溢れる勢いのある演奏はとても気持ちが良かったです。あの美しい音色はピュアなこの時 10代だけのものかもしれませんね。素直に感動します。またどうしても超絶技巧な曲に走ってしまうのもこの年代の特徴でしょうね。しかもちゃんと自分のものにしてしまう気力も体力もあるんですね。あー本当に素晴らしい!! 素敵な演奏会でした。



3月20日 グレッツェンピアノコンクール北海道大会
b0083048_21492843.jpg


北海道大会ともなれば演奏者は皆堂々とそれぞれにいい演奏をするので審査が難しいでしょうね。

私の3名の生徒たちの結果は、幼児部門のYちゃんが準優秀賞、3,4年の2人は258点、257点(300点満点)も取りながら惜しくも1点と2点足りなくて入賞できませんでした。でも2人は今持っている力は出せたと思います。3人とも良く頑張りました060.gif



3月25日 中学校吹奏楽定期コンサート
b0083048_228158.jpg


生徒のYちゃんが所属している地域の中学校の吹奏楽部の定期演奏会に行ってきました。長男がこの中学校の一期生で、生徒の誰か一人はいつも部員にいるので第1回目からずっと聴かせてもらっている演奏会です。
私は管弦楽も好きですが、吹奏楽もかなり好きなんです。吹奏楽はクラシックからジャズ、ロック、ポップス、民謡、演歌、どんなジャンルもはまるし、楽器の音色もそれぞれみんな好きです。

<本日のプログラム>
1st ステージ
・桜華幻想(福島弘和)
 今の季節にぴったりの素敵な曲でした
・天国の島(佐藤博昭)
・聖歌と祭り(F.マクベス)
・エルザの大聖堂への入場(R.ワグナー)
 いい曲ですよねーー。

2nd ステージ
・K-ポップメドレー(ルイス木原編曲)
 部員のダンスが超可愛かったです

・ディズニーメドレー(岩井直博編曲)
 ミッキーに扮した先生の指揮も良かったです

・スパイ大作戦のテーマ(L.シフリン曲、真島俊夫編曲)
 数少ない男子部員の寸劇が笑えました

・証 (阪井一生曲、郷間幹男編曲)
・J-BEST 2011メドレー(宮川成治編曲)
 マルマルモリモリ以外は1曲も曲名が言えず
 愕然としました。

・オーメンズ オブ ラブ(和泉宏隆曲、真島俊夫編曲)
 なぜスクエアの曲がラストに、、、先生の好みかな?
 
[PR]
# by yyuh6 | 2012-03-25 23:01 | ピアノ・音楽雑記

音楽レポート(2011.11月)

・11月3日 第15回発表会
b0083048_14153614.jpg

楽器店から独立してピアノ仲間と発表会を始め今年で15回目となりました。第1回目は全員が30歳代でしたが、さて20回目(札幌コンサートホール・キタラでの発表会を目指しています!)までこのまま突き進んでいくのでしょうか。おそらくこの仲間はみんな頑張るんじゃないかな。ピアノの練習もさることながら、発表会体力がいるので、これまで以上に日ごろの摂生が大事だと思っています。

生徒たちへの記念品jは3つ、そのうちの一つのお花、今年は特別可愛かったんですよ。
b0083048_14194351.jpg


ピアノ型ケーキもすっかりおなじみになりましたが、今年は自分用にホワイトを買ってみました。
b0083048_1421248.jpg

もう一つの記念品はト音記号の付いた写真立てでしたが、先生はもらえないんです007.gif

最後に講師演奏の動画を(パパの不手際で一部のみです)



・11月19日 いのちのコンサート(トランペット)
家の近くの島村楽器にとても気さくな方がいらして、音大でトランペットを専攻してらしたと聞いていました。その方のことをピアノ仲間のY先生に話したら、あら?その人は私の生徒だったのよというではありませんか。しかも私たちが長年勤めていた某楽器店の生徒だったとのこと。奇遇だなぁと思いました。だってそれから何日もしないうちにY先生から「ほらあのトランペットの生徒からコンサートの案内が来たので一緒に聴きに行こう」とお誘いがきたのです。
b0083048_14413753.jpg
記事読めるでしょうか?彼女はまぎれもなく素晴らしいトランペッターなのですが、右手が不自由なんです。見出しに「片腕の音色」とありますが、これは彼女のトランペットのスタイルを一言で云い表した言葉だと思います。普通のトランペッターが追い求めるものとは少し違っているのだと思いますが、こんなにも優しいトランペットの音色を聴いたのは初めてで感動しました。また自分自身がハンディをもちながら、弱者のために自分ができることをしている彼女の活動、行動力にも感心しました。


・11月22日 ジョー山中追悼ライブ
b0083048_15192392.jpg

この日は火曜日でパパが休みの日、しかもなんと「いい夫婦の日」だったそうで、もう何十年、いや結婚27年目にして初めてかもしれないな。パパと二人でバスと地下鉄を乗り継いで夜のススキノにお出かけしたのは、、へへっ004.gif

私は仕事があったので、最初の二つのバンドは聴けなかったのだけど、30年来のファンのリバティシューズとベイカーショップブギのライブは堪能できました。良かったです!!!
b0083048_15307100.jpg


ベイカーショップブギの動画も撮らせて頂いたのですが、許可を得ていないので、リバティシューズのアイシャルビーリリーストをどうぞ~~。


・11月26日 グレッツエンピアノコンクール本選課題曲公開レッスン8月は予選のための公開レッスンがありましたが、今回は本選用です。江別市の市民ホールで行われましたが、聴講者が少なく講師の大楽先生がお気の毒に思うくらいでした。私は、このコンクールに初めて生徒を出したので、レベル等が全くわからないので行きましたが、何度か聴講するとわかってくるような気がしました。というのも、先生がおっしゃることが全てとてもよく理解でき、課題曲やピアノ、コンクールというものについて、私の考えも先生とほぼ同じだと感じたからです。もちろん、私の指導にはまだまだ至らない所があるとおもうけれど、少し自信が持てました。


・11月26日 フランツ・リストの夕べ(野谷恵と門下生によるピアノコンサート2011)
b0083048_15365595.jpg
リスト生誕200年となった今年はリストを聴く機会がとても多いです。とくに秋はコンサートやリサイタルが目白押しです。例年なら発表会が終わるまで、中々コンサートに行けないのですが、 今年は発表会が早かったので、気がつけば今月は結構ライブを楽しみました。嬉しいかぎりです。
このコンサートは室蘭のピアノの先生ひつじさんと私のピアノの師匠I先生も参加しました。お二人とも素敵な演奏でしたよ。
それはそうとオールリストプログラム、4時間もの長い時間だったので、聴いているだけでもかなり疲れた、、、と思ったらそれだけではなくはなく、体調がいまひとつだったみたいで、家に着いたら38.8度も熱があったのでした。それで今日は一日家に籠っています^^; 

最後にここキタラホールのレストランのミルフィーユのお写真
b0083048_15482482.jpg

[PR]
# by yyuh6 | 2011-11-27 15:50 | ピアノ・音楽雑記