・・ 風のワルツ♪ ・・

yyuh6.exblog.jp

音楽・韓ドラなど趣味のページです♪       管理人:由(ゆぅ)

<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ナイトキャップに1杯
ほんの少しだけ強いお酒を飲んでから眠るとき
いつもより すこ〜しいい気分〜

何ケ月もおつき合いしてくれた12年もののOld Parr
スコッチウィスキーが無くなったので
ゆうべ 真夜中に 一人
その名も「蔵粋」(クラシック)という
お酒を開けました(^^)
b0083048_10452920.jpg

『この「蔵粋」は、もろみのときに、モーツァアルトを十分に聴いて育ったお酒です。もろみにモーツアルトを聴かせると酵母の増殖が活発にになり、フルーツ香が強くなる高泡の状態が長く続くようになり、酵母の死滅率も低くなるため雑味が少なくなり、大変美味しいお酒ができ上がるのです』

う〜ん美味。
とろ〜りとしていてフルーテイーで
このなんとも言えない味わい深さは
まるでモーツァルトの音楽のよう。

今年はモーツァルト生誕250年を記念して
あちらこちらで演奏会が行われていますね。
NHKーBS放送では、1年間 毎朝 モーツァルトを聴くことができます。
音楽もさることながらバックの画面の美しさ!!!
朝の喧噪から一人のがれて...
現実に戻るのが辛い日もあり(笑)


★名曲は人の心も育てます★
くらしの中にモーツァルトを

◆お食事のときには
「ピアノ協奏曲 第21番」

◆小さいお子様とご一緒に
「ヴァイオリン・ソナタ 第25番」

◆明るい気分になりたいときには
「フルート四重奏曲 ニ長調」

◆自信をつけたいときには
「交響曲 第41番 『ジュピター』」

◆不安な気持ちのときには
「レクイエム」

と、パッケージにありました(^^)
さて、あなたはどのようなときに
モーツァルトを聴きますか。

我が家では、末の息子が『トルコ行進曲』を練習中。
私は今、生徒さんに『きらきら星変奏曲』をレッスン中です。

あんまり可愛いお酒なので
画像をもう1枚載せますね〜。
あっそうそう 忘れていましたが
このお酒は夫がどこそこから頂いたもので『非売品』だそうです。
珍しいお酒なので、何かいいことがあったら開けようと言っていました。
私が内緒で開けたことは、ヒミツにしておいて下さいね!

b0083048_11203719.jpg


北の名酒


[PR]
by yyuh6 | 2006-04-30 11:20 | ピアノ・音楽雑記
私と先生は、10年前に一緒に同じ型のピアノを買いました。
環境と調律士さんが違うので、あらあら本当に同じ型のピアノだった?と思うほど2台ともはっきりとした個性が出てきたように感じます。
ちなみに、もう1人 ピアノ仲間が私たちの2年前に買った同じ型のピアノを持っていますが、これもまた全く違って感じるピアノです。このピアノの調律士さんは先生と同じですが、やはり先生宅のピアノともまったく違います。

アコースティックピアノは生き物、これがピアノの一つの面白さでもあると思いますが、なんだか不思議ですね〜。

前回のレッスンで、クラマーも仕上げたいと思っていたのに叶いませんでした。
どうも先生ちのピアノを弾くと最初鍵盤が重たく感じて、指が思ったところへ落ちないのです。それで今回はその傾向を考慮して対策を立てていきました(笑)

対策ってそんな大袈裟なものではないけれど、、、今日はバッハからみてもらうことにしました。バッハはサラバンドなので指を速く回すところもないし、まずはバッハで指ならしをしながら今日のピアノの状態を探っていこうと思ったのでした。
もう一つ、このところ先生のピアノは音が鳴る、ちょっと耳にビンビン響き過ぎじゃないかなと感じていたので、こちらの対策として、家では大蓋を開けて練習していきました。この練習はとても良かったと思います。
ピアノが響くというのは決して悪いということではなく、逆に言うと家のピアノが少し湿気をためているのか、こもった音だったということで、そんなピアノを弾き続けていたなら、無理な力を入れてしまっていたでしょうね。

音の響きを大切に、、、これが私のピアノの神髄かな(^^)
本当に偉そうだけれども、テクニックがなくて指が回らない分、いい音を出したいといつも思っています。

さて、レッスンはどうだったかというと、、、

More
[PR]
by yyuh6 | 2006-04-28 00:45 | ピアノ・音楽雑記

フジコさんの「愛の夢」

昨夜のオーラの泉にピアニストのフジコ・ヘミングが出ていました。

私はテレビでも始めてお顔を拝見するので、お話はもちろんファションから表情まで一挙一動を興味津々で見ていました。

始めに「愛の夢」を弾いたのでびっくり、とても感動しました。
ところがあわててビデオをセットしてガチャガチャしたので、終わりの方しか聴けなくて、あ〜残念無念。。
とてもいい演奏だと思ったので(実際、フジコさんも満足してらした)、悔やんでも悔やみきれないほどがっかりしました。
こんなことなら慌てずにじっくり聴いていればよかったんですよねぇ。。。

フジコさんは、やはり変わっている人でした。
でもとても誠実で、その超個性的なところも、私は、こう言っては失礼かもしれませんが、とても面白くていい思います。

フジコさんの思いとは別に、なんだか商業ペースに乗せられいるようで、時々??の演奏会もあったらしいのですが、それはそうと、、、思います。

私が持っているただ1本のテープは、、、とてもいい時のフジコさんで、私はいっときその演奏にゾッコンでした。

しばらく忘れていたけれど、またフジコさんを聴いてみたいです。
今年は当地にもやって来ますが、ソロではなくオケと一緒なので、さてどうしようかな。

フジコさんの演奏はいつか小さなホールで聴いてみたいな♪

素敵な記事を見つけたので、初めてトラックバックしてみました。
april.25.2006
[PR]
by yyuh6 | 2006-04-25 11:45 | ピアノ・音楽雑記
b0083048_9373324.jpg
大人になってピアノを再開するネットフレンドも、これから購入するピアノについて相当悩んでいましたが、先日、幼稚園に入ったばかりの娘さんのピアノ購入に悩むパパさんから相談を受けました。

たしか冬にお二人で楽器店に下見に行って、奥様も娘さんもヤマハのクラビノーバをいたく気に入ったご様子だったと伺っていましたが、最近になって奥様が「絶対音感をつけるために、新品の生ピアノを買いたい」と言われて、パパさんと対立しているそうです(^^;)

5月開校のお教室が多いですものね、体験レッスンの帰りにでも、楽器店の方に「いい耳を作るためには、いい生ピアノをお勧めします」とでも勧められたのかしらと想像しました。

上の楽器店の方のおっしゃることは事実だと私も思っていますので、否定はしませんが、
パパさんの悩みは、「電子ピアノでは絶対音感がつかない」のかということと、「ピアノの置き場所」、そして「高い買い物」なので慎重に考えたいということでした。

さて、どう答えたらいいものでしょう。
まだピアノ(と言ってもおそらく某メーカーの幼児科で、グループレッスンすよねー)を習うこと事態、海のものとも山のものともわかっていない幼い娘さん、そしてそれはご夫婦にとっても同じことらしいので、「絶対に生ピアノがいいです!」とうかつには言えないと思いました。
  
 つづく・・・
[PR]
by yyuh6 | 2006-04-22 09:38 | ピアノ・音楽雑記

今週の練習

生徒たちには、練習、練習あるのみ!なんて言っているのに
いざ我が身になると、毎日ピアノに向かうのは中々大変なことですよねー^^;

やればやるほど切りがない家事は、、、目をつぶりましょう。
読みかけの本は、、、休日と眠る前のお楽しみにします!!!
昼間の韓国ドラマは、一つだけにしぼりました(笑)
友だちとのランチは、、、自分からは誘いません(笑)
学校の役員は、、、あー今年もまぬがれることができませんでした(^^;)が
決して今、『時間がない』ということはありません。

なのになぜゆえに、毎日さっとピアノに向かうことができないのでしょう。
『心構え』が足りないせいでしょうか??

こんなにも音楽を愛し、ピアノが上手くなりたいと心から願っていて
そりゃ息子たちの成績に愕然としたり多少気分がすぐれない日もあるけれど、二十歳の頃夢見ていた、グランドピアノを持ち、24時いつだって弾ける部屋があるというのに、あ〜もったいない!!!

私のレッスンは、1月から8月まで月に2回です。(年に16回は少ないないですねー)。9月に入ると、例年、12月の発表会の講師演奏の練習が入るため、自分のレッスンに通うことができなくなります。

それでなのね、ツェルニー40番を終えるのに足かけ20年数年もかかってしまいました^^; バッハや、他にやった曲を思い出してみても、年に2曲か3曲ペースです。
しかもずっと大曲に取り組む勇気?がないままきてしまいました。
先生からは、「スケルツォ」でも「バラード」でも何でもOKと言われているのにもかかわらず、これらショパンの大曲は、ショパンのエチュードを弾きこなしてからだと思っているので、取り組むまでまだ相当の時間がかかりそうです。

さて、昨日の練習は
・バッハ フランス組曲4番 第3曲 「サラバンド」

先週のレッスンで第2曲の「クーラント」が上がり、サラバンドに入りました。苦手なクーラント、4曲を終えて、やっと体に馴染んできたかな。
その点、サラバンドは楽ですね、特に4番のサラバンドは易しいので譜読みの苦労がない分、すぐに自分なりに曲の深い部分を追求していけます。

余談ですが、「サラバンド」を弾くと、いつも浮んでくる風景があります。
それは「砂漠」と「薄い絹の衣装」、、、こんな私、少しおかしいかなぁ(笑)

最後に第1曲〜3曲まで繋げて弾いてみました。1曲目がとても好きです♪


・クラーマビューロー60番 「9番」

ツェルニー40番を終えてクラマーに入ったのですが、2番あたりで親指の付け根を傷めたので、しばらくお休みしていたため、まだ9番です。

この9番も、私の手(実はマムシ指で親指が人より短いのです)には、特に左手の負担が大きく、毎日何回も練習することはできませんでした。
ところがですね、慣れましたね。3ケ月も弾いていると、使う手の平の筋肉が柔らかくなってくるのでしょうね。10度の音飛びをはずさなくなりました。

3連符の練習曲なので、3種のリズム変奏をやる。
中でもシンコペーションを何度も繰り返す。

次週は仕上げたい!
先生からは、「テンポは遅めでもいいから、きれいに弾く」ようにといつも言われているのですが、エッシェンバッハのCDを聴いて、あれまっ、私の方が速いくらいになっていました。
表示テンポはモデラート(4分音符=92)。テンポは人によってこんなにも感じ方が違うのですね。 

今度は、先生宅のピアノ(家のより少し重たい)で、つっかえずに弾けますように(笑)


・ リスト「愛の夢 3番」

生徒のマーブルちゃんにレッスン中の曲を見てもらっています。
私にとっては、弾きやすい部類の曲だと感じています。

仕上げの段階に入ってきましたが、やはりまだ3ページ目の弾きづらいアルペシオで流れをとめています。細かい所もまだまだです。
この曲はしっかり仕上げたいです。

この「愛の夢」など、今までざっとしか弾いてこなかった中級クラスの名曲をしっかり自分のものすることが、大曲への道を開くことになると思っています。ショパンのエチュードは、エチュードとしてよりも、上の意味での曲として弾いていきたいな〜。
[PR]
by yyuh6 | 2006-04-21 17:24 | ピアノ・音楽雑記

自己紹介(ピアノ)

こんにちは。もう長いことピアノに携わっていますが、いつまでも中級の粋から脱することができない私(ゆぅ)です。

webのピアノ仲間に刺激を受け、自分の練習記録やピアノに関する雑記を書いてみようとこのブログを新設しました。
ピアノ好きな方の質問、コメント等、大歓迎です。またリンクもどうぞ宜しくお願い致します。
自己紹介・・・

More
[PR]
by yyuh6 | 2006-04-21 17:12 | ピアノ・音楽雑記